ローリスクが強みのサブリース|安定した収入も得られるところが魅力

ウーマン

安全に資産を運用したい

賃貸マンション経営につきものなのが、家賃滞納リスクです。このリスクを解消したいのであれば、家賃債務保証会社を利用するのが一番です。家賃債務保証会社の利用を賃貸借契約締結の必須条件にしておけば、賃借人が家賃を支払ってくれなかったとしても、保証会社から家賃を受け取れるようになります。

男性

投資の形を考える

不動産の権利を一部獲得し、利回りを得ることが出来るものにみんなで大家さんがあります。大型不動産に特化しており、借り主が決まっていることから安定した収入を得ることができ、少額の費用から始められるのも利点です。

建物のイラストとスーツの人

立地選びが重要な投資

マンション投資をするときには立地が良いマンションを選ぶのが効果的です。長期的に人気が低下しにくいため、長期的なローンの返済に支障を来すリスクが低くなります。その後も収入が安定すると期待できるのもメリットです。

業者による借り上げと経営

マンション

賃貸を前提として契約

不動産投資の際にしばしば選ばれているのが物件のサブリースです。サブリースを行っている業者と契約することによって、投資のために購入した収益物件を借り上げてもらい、賃貸経営をしてもらえるのが基本的な仕組みとなっています。業者側が賃貸経営によって利益を上げるのが前提になっているのがサブリースであり、実際には投資家は賃貸経営を行う必要がありません。収益物件を業者に貸すこととサブリースをできるようにする対価として賃料を手に入れるというのが仕組みだからです。しばしばサブリース契約をするときに家賃収入にかかわらずに一定額で賃料が手に入るという仕組みができていますが、これは形として業者による賃貸経営とサブリース契約による賃料の支払いを独立させていることになります。一方、家賃収入が業者側の収入になるため、その中から手数料を申し受けるという形で賃料を支払ってくれる場合もあるので注意が必要です。どちらの仕組みを採用しているかは業者次第であり、同じ業者であってもどちらの方法でも契約できる場合があるのでメリットを考えて選ぶようにしましょう。通常は一定額の方が収入が変わらない安心感がありますが、経営状態が良好な場合に家賃に比例する形式を取っていた方が賃料収入が大きくなる傾向があります。サブリースでは経営そのものを任せてしまうことになるため、経営手腕が秀でていることに着目して選ぶと経営状態が良好になりやすいでしょう。