ローリスクが強みのサブリース|安定した収入も得られるところが魅力

安全に資産を運用したい

ウーマン

賃貸経営で資産を運用する

安全性が高い資産運用方法として、賃貸マンション経営を始める人が増えています。賃貸マンション経営の場合は、FXや株式投資のように相場変動リスクを心配する必要がありません。購入した不動産の価値がゼロになってしまうことは絶対にないため、万が一のことがあったとしても、投下した資金を全て失うことはないという安心感があります。そのため、資産運用初心者が賃貸マンション経営を始めるケースが非常に多くなっています。ただし、より大きな安心感が欲しいと考えているのなら、家賃債務保証会社を利用するのが得策です。家賃債務保証会社との間で保証契約を結んでおけば、家賃の滞納リスクを家主が負う必要がなくなります。家賃債務保証会社を利用する場合は、保証会社と家主の間で保証契約を、保証会社と賃借人の間で保証委託契約を結ぶことになります。こういった形の契約関係を成立させておくと、賃借人が家賃その他の債務を滞納した際には、家賃債務保証会社が賃借人に代わってその債務を家主に支払ってくれるようになります。いうなれば、家賃債務保証会社が賃借人の連帯保証人代わりになってくれるようなものです。わざわざ家賃債務保証会社を利用しなくても、賃借人に連帯保証人を立てさせればよいだけではないかと考える家主もいますが、人的保証は意外と当てになりません。また、家主自身で債務を回収しなくてはならないので、なかなか面倒です。しかし、家賃債務保証会社を利用している場合は、債務の回収は保証会社がやってくれます。家主は何もする必要がないため、とても楽です。実際に賃借人が家賃を支払っているかどうかに関係なく必ず家賃を受け取ることができるため、家賃債務保証会社を利用する家主が増加しています。